ページTOPに戻る

BRAND LIST

bukhtとは中東で良質なラクダの事を指し、人々の暮らしの中で非常に重宝される存在。
ブフトの様に人々に愛されるブランド創りと、様々な出会いを通じて一般的なドメスティックブランドの枠を超えた自由で、クリエイティブな場として立ち上げられた。

ブランド名であるJieda=自枝(ジエダ)は自らが提案するスタイルを木になぞらえ、 独自のオリジナリティが枝分かれするように、多くの人に発信していきたいという意味合いが込められている。 ストリート、モードの垣根を破り、流行にとらわれないスタイルを提案している。

クラシカルなアメリカンワーク、ミリタリーと言った、働く人のために必然的に生まれたデザインに「今」(THIS TIME)と言う感覚を取り入れ、時代に流される事なく「緊張感とリラックス」と言った自分達らしさのバランスを追求している。

公園や近所でのんびりする、 自宅でゆっくりと過ごす、 海に出かけてサーフィンをする。 自然との調和で生まれる、開放的なくつろぎの時間。
そんなリラックス空間に適応した COMFORTABLE STYLE(comfy style)をAROUND WEARとし 日本とアメリカの文化、フィルターを通して提案している。

“状況で出会う形の提案”

宿もなく国から国へと渡り歩きながら生きるジプシーたちそんな彼らには誰にも譲れない強い心がある彼らの強さと自由に囚われないスタイルこそ私たちが目指す世界観そのもの全ての枠に囚われることなく様々な融合の中で全く新しい物を生み出し提案し続けます

ストリートのスタンダードとして存在し続けるアメリカンカジュアル。
DELUXEはそのスタイルをストリートテイラーの看板の下、サイズやパターン、縫製から付属品まで徹底的に見直し、再構築することでノスタルジアに溺れない、現代のハイストリートクローズとして提案していく。

スタイリストである『宮島尊弘氏』がディレクションするブランド。大人が似合うアメリカンカジュアルテイストの強さが特徴。

2017年正月より始動した東京ブランド。 国内外で活躍する著名なアーティスト陣が描く"10匣"のグラフィックのみをアイデンティティとする。 グラフィックをアートと位置づけし、アートを纏って欲しいという思いを込め、現在ジャンルレスなコミュニティが広がりを見せている。
※グラフィックを手がけたアーティストに関しては、一切の情報を非公開。

GOOFY CREATION(グーフィークリエーション)はどこか気の抜けた、滑稽(goofy)さのある物作りをコンセプトに、シンプルな中にも癖のある、クセになるようなアイテムを提案している。

デザイナー宮城秀貴によって2012年秋冬から立ち上がった革靴ブランド。
mythographyとは神話、神話芸術という意味。